BLOG

スタッフブログ

2010.10.28

ミツモリブログ

2日目

成人式のご予約受付中 /  スタッフ求人情報

———————————————————

 

旅の続きを、、、

 

ちょっと間があいてしまいましたが、、、

 

最後までお気楽におつきあいくださいませ。

 

 

地図を見たり、イロイロ便利なので、大活躍まちがいなし!

と思ってたiphone、、、昨日は山だからか、ほとんど使えませんでした、、、圏外。

頑張れソフトバンク!

 

 

で、2日目は前日よりは余裕のスケジュールになります。(島を横断しないので)

 

ここも新しくできたらしい美術館。

 

『李禹煥美術館』

 

これまた朝の10:00前ですからね、本日もどうやら朝から行列覚悟かな。

 

 

 

こういった謎なオブジェがちらほら

しらないおばさまが写り込んでますが、すいませんが、ちょうど大きさの目安になるかと、、、

 

良くこれが直立してるもんやね、そんなオブジェ

 

 

で、中は写真ダメです。

 

勢いあまって中でも撮りまくってた渋めの男性が怒られて、

渋めキャラなだけに、、、

かなり恥ずかしそうで、、、

ちょっとかわいそうでした。

 

男子も大人になって渋い技が身についてくると、そうゆう時弱くなりますね。

僕やったらスンマヘン〜とか言えるんですが。

 

そしてバス移動で

 

『地中美術館』

 

 

ここはどうも朝すぐに整理券終了してたみたいです。

持っててよかった。

 

空間を存分に使った作品ばかりで、圧倒されました。

ここは行かれた方もたくさんいるのでは?と思いますが、お勧め。

 

 

そして、またもやバスに乗っかって

 

 

家プロジェクト『宮島達男』角屋/sea of time ’98

 

 

 

\

 

お家の中で、ひたすらデジタルカウンターが動いてるんですが、

好きでした。

 

家にこんなんあったらどうやろ?怪しいかな、、、

 

続けて

 

家プロジェクト 『ジェームズ・タレル』南寺/バックサイド・オブ・ザ・ムーン

 

ここも人気で、整理券ないと見れません、自分は見れたからいいけど、

知らずにきて断られてるひとたくさんでちょっと切ない。

 

右の建物の中が展示物なんですが、写真NGです。

始めての体験。

色んな見せ方があって、すごい勉強なりました。

文章で説明したいけど、無理です。

 

 

さらに

 

 

家プロジェクト 『大竹伸郎』はいしゃ/舌上夢/ボッコン覗

 

こうやってガチャガチャと家を作っていくの、楽しそうやなと。

 

 

ラスト

 

 

直島銭湯 I♥湯 『大竹伸郎/graf』

写真で見た事はあったが、思ってた以上の完成度にびっくり。

適当にやってる感じやけども、すごいまとまってます。

 

ずらずらっと書きましたが、

以上で見たかったところは制覇完了!!!

 

 

ブログ書いてて、そういや自分の写真がないなと、、、

 

 

で、写真見返すと、ありました、忘れてたけど、一枚だけ撮ってもらった写真。

 

完全にブレてますが、

 

素敵な老夫婦の写真を撮ってあげたのですが、

お礼に撮ってあげると言われて、

じゃあ

とかいいつつ、

暗いし相当気をつけないとブレると思ってまして、やはりブレてましたが、

そんなにハリキッテ、ブレてるからもう一枚お願いとか言えるテンションでもなく

そのまま、ありがたくちょうだいしました。

 

 

いやしかし、振り返っても情報が多すぎて、記憶に無いぐらいなんですが、

 

 

今回いった島々でももちろん元々の住人の方がいまして、やはりお年寄りが多いのですが、

すごく楽しそうに明るくボランティアしたり、手伝ってる方が大勢いて凄くいいなと思いました。

まさに老若男女の合作です。

 

特にバスに乗っていて、普通のおっちゃん、いやおじいちゃんに近いかな?

な方が運転してるのですが、

アートな目的地なだけにバスの停留所の名前が、

もはやアートっぽい洋風な名前になってたりする訳でして、

普通の市バスとかなら『○○学園前』とかやから

 

 

次は『○○学園前〜』って言ってる感じはしっくりきますよね?

 

けども、

 

『ジェームズ・タレル』南寺/バックサイド・オブ・ザ・ムーン』

ってな場所にいったとき、

 

 

 

おじいちゃんが、

 

 

 

かなりですよ、

 

 

 

流暢に

 

 

 

いっさいかまずに

 

 

 

ジェームズ・タレル バックサイド・オブ・ザ・ムーン〜〜〜〜〜はこちら

 

 

 

 

とか言っちゃう訳で、なんとも、素敵すぎて、いい感じすぎました。

 

僕がしゃべってもかみそうやけど、そら何百回としゃべってるおじいちゃん噛みません、みごと。

 

 

 

反面、穏やかな自分の生活がザワザワしすぎて、勘弁してくれ的な感じの方も

もちろんいたのですが、その辺はきっと大きな課題なんやろうなとか思ったり。

そんな気分ももちろんわかりますしね。

 

しかし、こんな大掛かりな展示をここまで広範囲に大規模やってきて、

ここまで完成した試みにはとても

 

 

感動的だったりします。

 

 

何も無い、離島みたいな島の住人を説得したり、アートへの理解を説明したり、

特に現代アートなんで難解やろうし、

きっとイロイロ大変やったやろうなと、、、

 

 

 

ただただ、漠然と

 

 

 

『何かやりたくなりました。』

 

 

 

 

さて、

 

そんな感じで、おしまい。

 

ビールのんで、日が落ち始め、お迎えが来て家路につきました。

 

長編ブログ失礼しました。

Written by mitsumori